スポーツ

2009年7月10日 (金)

オリンピックチャンプ 鈴木桂治選手と錦糸眼科

0710鈴木選手は近視ですよね。けっこうテレビに出ている時に眼鏡姿で話をしています。
ご本人は知らないとは思いますが、鈴木選手は私の後輩ですよね。
そして彼は今回の北京のリベンジをロンドンで!と言う事で集中して練習に励みたい筈ですよね。
視力はスポーツ選手に大きな影響を与える要素ですから。私も錦糸眼科で18年前に矢作徹院長に手術をしてもらいましたが、嘗て私が現役の頃に受けていたならば、どんだけ記録が伸びていただろうかと思いますもの。ゴールや一緒に走っている選手、照準がぴったりと定められる眼力があれば練習の実力を遺憾なく自信を持って発揮できていたと想像できますもの。
彼のマネージャーである武藤氏を知る方の力添えで、私から錦糸眼科を勧め、実現しました。早速錦糸眼科で術式の知識を得た鈴木選手。今後の活躍が期待されます。
錦糸眼科の1階のロビーでマネージャーの武藤さんから写真を撮って頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)