« 久々の佐島 | トップページ | 私の着地 »

2014年10月 9日 (木)

着物のゆくえ

私達の伝統の民族衣装。
着物。
所謂「着付け教室」が戦後に「女性の商売」になって、お金を出さないと「着物を着る事が出来ない」のが当たり前になりました。
時々観る「時代劇」に心ときめかせ「着物」に目をやります。
浮世絵も、着物に目が行きます。
亡くなった祖母も、故郷の母も、叔母も自分で着物を着れますが、女学校であるいは「母」が繋いでくれていました。
----------------------------------------------------------------------
浮世絵の着物に心躍らせて、今は平成の時代だけれど、その昔普通に着ていた着物の方が粋でトキメく事が多いですね。
どれも日本。
どれも着物。
微笑道

Photo

そして大人の振り袖も続けます。
今日は中振り。


1009


|

« 久々の佐島 | トップページ | 私の着地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物のゆくえ:

« 久々の佐島 | トップページ | 私の着地 »