« 洗馬宿 | トップページ | 鯰と浮世絵 »

2014年9月 4日 (木)

地震予報

今日の浮世絵は国芳の「ナマズ絵」

「防災の日」がらみです。

日本では古くから地震の予兆としてナマズが暴れるという俗説が広く知られています。
地面の下は巨大なナマズ(大鯰)がおり、これが暴れることによって大地震が発生するという迷信..言い伝えですね。
すでに、安土桃山時代の1592年、豊臣秀吉が伏見城築城の折に家臣に当てた書状に「ナマズによる地震にも耐える丈夫な城を建てるように」との指示があり、ナマズと地震の関連性がこの地点で出来ていたんですね。

40年前に、東京都水産試験場において、24時間連続でナマズの暴れ程度を振動測定する研究が16年間行われました。そして、東京都での震度3以上の地震91例のうち、明らかに10日前に異常行動が見られたものが27例あり、単純に打率に直すと3割1分であったと報告されています。

関東大震災の記憶「9/1防災の日」

是非とも確固たる「鯰以外でも地震の長期予報」出来る日を望みます。Photo


|

« 洗馬宿 | トップページ | 鯰と浮世絵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震予報:

« 洗馬宿 | トップページ | 鯰と浮世絵 »