« 小さな差 | トップページ | とうとう出来ました。 »

2014年9月26日 (金)

世界へ

今日は経済産業省の伝統的工芸品の講演に行って来ました。
何故かと言うと、予てから興味を持っていた京都の和傘「日吉屋」五代目社長の講演だったから。
一番前で、粋な着物で臨んだので、五代目は何故か私の方を見てお話しされていました。(食い入る様に聞いていたからでしょうね。)
「今日は素敵な着物での参加されていらっしゃる方もいて、嬉しいです」
和傘の文化が途絶えたのは、着物を着ない日本になったので….
日吉屋の発展には「世界発信の進出」があり、出会いと時代の直感もあり、その話は刺激になりました。
「唯一無二。ストーリー。意外性」
いつも私が思い実行しているそのモデルの様にも思えました。
「和羽矢」は凄いと思います。これはいけます。
40歳になったばかりで、先日ドバイから帰国したばかりの世界照準の、五代目が目を輝かせて言ってくれました。
いくわ〜926


|

« 小さな差 | トップページ | とうとう出来ました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界へ:

« 小さな差 | トップページ | とうとう出来ました。 »