« 光 | トップページ | 残すと言う哲学 »

2014年4月28日 (月)

素直はプライドに勝る

428 異国との文化交流は些細な事が誤解を招く。 文化の違いや価値観の違い。 異国の常識が、そうでない事の方が多い。 ビジネスがお金で動くなら、契約や約束の覚え書きがないと、損得のトラブルになる。当たり前の事なのに「信頼、恩、義理、人情、友情」なるものが暗黙存在する段階の私です。 それは「アマチュア」 昨日、中目黒迄長女に運転士してもらった車中で、ウランバートルでの出来事と、出演者のマネージャーに言われた事を話ました。 すると娘に「お母さん!そんな所と組むのは辞めちゃいなさい。それから、はじめる前に具体的に細かく契約書を書いてお互いに徹底して合意しないとだめ。お金をもらっておいて、後でなんだかんだ言うのはアマチュア。特に国を超えてなんだからしっかりして!」 と今の自分の経験談を交えての一喝。 しかし、私が現地で経験して来た100のうち50程の情報だけで真っすぐパンチを入れて来た。 でも、そのパンチは確かで、残りの50の言い訳のシュツエイションがあったとしても、大事な事。 娘からのパンチを素直に受け入れるのでした。

-----------------------------------------------------

歳をとっても、素直に聞き入れられる所は大事な事だと思う。 例え、人生経験まだまだの娘の刺のある言葉でも、聞き入れる懐の大きさはだいじである。

-------------------------------------------------------

しばらくしてこんなメッセージが入った。 読んでいて、涙が出ました。 閉店後、若者がネクタイを買いに来てくれました。 私の一言一言に耳を傾けるその純真さに、素直と言うプライドに勝る力を確信するのでした。

|

« 光 | トップページ | 残すと言う哲学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直はプライドに勝る:

« 光 | トップページ | 残すと言う哲学 »