« 交渉と言うアナログ | トップページ | エネルギー供給 »

2014年4月 8日 (火)

偶然と言う力

先日、大学院のゼミに行っての帰り際......
ふと、広報事務局で立ち止まりました。(何かに背中を押される様に)

以前、大学の新聞に取材を受けた事があり、担当者の名前を思い出せないままでしたが、事務所の中に----。
すると、「矢作さん」と声を掛けられて助かりました。
当時担当の助手の方でした。

モンゴルで文化交流のイベントを進めていて、今月の14日からモンゴル出掛け、国立大学を訪問して、参加と協力を図りに行く予定だと言う事を彼女に告げました。(勝手に何かが促す様に)

すると、凄い偶然が起こりました。
私が通う国士舘大学はモンゴル国立大学と姉妹校であると言う事と、大学院の池田先生はそこの名誉客員教授であると言うのでした。
彼女はその場ですぐに先生に電話下さり、私もすぐに先生の研究室へ。

またしても凄い事を聞く事に。
モンゴル国立大学の教授等がモンゴルから翌日、国士舘大学に来ると言うのでした。
-----------------------------------------

ーーーそして、私は今日大学の教授の方々とお会いする事になりました。

以前、モンゴル大使とお会いした時に描いたチンギスハーンとモンゴルの国旗を颯爽と締めて皆さんお会いしました。

皆さん歓迎して下さり、イベントにも力を貸して下さると約束してもらえました。

さらには私がモンゴルに行く14日の同じ飛行機の便でモンゴルに戻ると言う事.......その偶然には何かとてつもない大きな何かが流れているのではないかと思うのでした。
-----------------------------------------
中目黒に戻り、何かに背中を押される様にお花屋さんへ。
新潟の施設にいる母に「明るい色でまとめて下さい」と花を贈りました。408_2

|

« 交渉と言うアナログ | トップページ | エネルギー供給 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶然と言う力:

« 交渉と言うアナログ | トップページ | エネルギー供給 »