« ゴリラのご。 | トップページ | 3月1日お越し下さい。 »

2014年1月17日 (金)

外交の軟骨

新年初めてのアジア調査会。
スピーカーは岸田文雄 外務大臣。
海外で「文化」を発信するという生業人としたら、国の諸機関のドンピシャのトップ。
行って聞くかどうかは「Why not?」で行くことを決めました。

1957年生まれの岸田大臣。
広島のお生まれ。

昨年、日本人初のアメリカ州知事であるジョージ有吉氏の講演に呼ばれ、氏と仲良くさせて頂きましたが、元ハワイ州知事の氏も広島。
そこでお会いしたアフラックの最高顧問の様も広島。

その大竹様が仰っていましたが、海外に渡る日本人で一番多い出身県が広島県ということでした。

1956年生まれの私とほぼ同じジェネレーション。
最前列で大臣のお話を伺いながら、この日本国が諸外国との公式な外交は「この方」の体を通って発信されているのだなあと、じっくりお顔を拝見する事ができました。

今の日本とする外交の案件は一般人の私が見える範疇は少ないものでしょうし、海外から見た案件とは勿論に色が違っているでしょう。
2014年の目標は、日米、ひいては日韓、日中、対アセアン。今年40周年。国連創設70周年。対中東。

大臣の体が様々な糸との連携のシナリオな訳です。

ニュースから拾う一つのトピックだけに目をやる一般人の我々には分からないその連携されたセンシティブア軟骨。

実はそのセンシティブな軟骨こそ「文化」なのではないかと大臣に目をやりながら、痛切に感じていました。

矢野経済の矢野氏 (同じロータリークラブの会員) に促され、岸田大臣と名刺交換。そして固い握手。
『女性文化外交委員プロデューサーとしてどうか宜しくお願いします』
視線のビームをお送りしました。

帰りは、一緒に映っているユキちゃんのBMWで中目黒迄乗せてもらい、外交について車中の話に花を咲かせました。

1017

|

« ゴリラのご。 | トップページ | 3月1日お越し下さい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外交の軟骨:

« ゴリラのご。 | トップページ | 3月1日お越し下さい。 »