« 新しい制服 | トップページ | 黄金の朝食会---ロータリー----対談----東新橋異業種会 »

2012年3月 6日 (火)

突然の「最後の授業」のお誘い。

昨日突然に入ったメールの内容は「斎藤先生の最後の授業を聞きますので明日は大学院生全員出席して下さい」
斎藤先生はNHK時代を経て、アメリカのバークレー大学で学んだ経歴。
初めての授業では、毎週一冊の本を読みその感想を発表させるもの。
この授業のお陰で、日頃の慌ただしい中、じっくりと本を読み皆の前で、自分の意見を言いながら、社会を考える習慣を頂きました。

0306
私は昨年末に先生の授業を聞きながら先生の人生にも興味をもっていた所です。
この日は丁度空いていたので、出席を決めました。

0306_2


多くの方々が集まる34号館の教室に先生が教鞭をとっていました。
最後と言う事でここには沢山の教授やOB、OGの方々もいらっしゃいました。

少し遅れて、数人の学生と入ったので、先生もこちらに注目し
「有名な女性がいらっしゃったので、みなさんも私も少し気が逸れました」
と、先生流のジョークで迎えて頂きました。

最後の授業と言う事で、私も授業の後みなさんの前で質問をさせて頂きました。

これからは国の文化等のソフトな外交が必要になる

先生の除業はこの言葉で締めくくられました。
0306_5

私の未来は明るいものだと感じました。


0306_3

先生にはTradition JAPANでの対談を申し出ました。
「毎日が日曜日。サンデー毎日」
と引き受けて下さいました。

Photo


0306_4

中目黒に戻り今日は松木氏が見える日です。
着物を作ろう
のテキストは完璧では有りません。
なかなか難しい挑戦です。

0306_6

実際に新聞紙で着物を作る事にしました。
0306_7

このアイディアは画期的。
すごいことになる予感でした。

なんだか、はしゃぎすぎてとっても疲れました。
外国の方がこのソフトで「着物の構造を知ったら。。。。。。」
ワクワク感は最高潮でした!


|

« 新しい制服 | トップページ | 黄金の朝食会---ロータリー----対談----東新橋異業種会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然の「最後の授業」のお誘い。:

« 新しい制服 | トップページ | 黄金の朝食会---ロータリー----対談----東新橋異業種会 »