« 片山さつき氏の政経セミナー | トップページ | トマトの缶詰。 »

2012年3月15日 (木)

広尾ロータリーのメイクアップとサウジの王女。

車の修理で、今日も電車。
今日の予定は広尾ロータリーのメイクアップとサウジアラビア大使館。

という事で、早く家を出るところが、NHKプレミアムの番組に小倉サンの情報番組に見入ってしまって家を9:20に出てしまう事に。

中目に着くと、ティムさんのお兄さんと息子さんを連れてカオリさんがいらっしゃいました。
アメリカではなくて、彼らはドイツからだそうです。
アメリカ生まれですが、ドイツに住んでいるそうです。

0315


コーヒーとアップルパイに感激して、一緒に記念撮影。

私はこの後すぐに、六本木を目指しました。
昨夜、入って来た私へのオファーで、急遽「サウジアラビアの王女様に着物の着付け」をする事になり、同じ六本木の界隈であった為、メラと待ち合わせして、ロータリー後に一緒に大使館を目指す事にしました。

0315_2

広尾ロータリークラブには先日参加したPink BollのMr.Greenがいらっしゃいます。

広尾は半数くらいが外国人のクラブ。
なんと私の横にいらしたアメリカ人のロータリアンは私と同じCurpertionに住んでいたそうです。

奇遇でした!

仙台から直行したメラと一緒に大使館へ。

大使夫人の部屋に通されて、初対面の王女様。

とても素敵な方。
着付けして差し上げ、英語で着物の事を色々と説明しながら着付けをして差し上げました。

0315


0315_2
その後私たちは一緒にマダムのお部屋にある長〜いテーブルの食卓で、おもてなしの食事を頂きながら、歓談をしました。
長い間の話に本当に打ち解けるのでした。

和羽矢をプレゼント。

0315_3
その後、京都に急いだ王女様と付き添いを見送り、私たちはマダムとその後も1時間ほど話をしました。

今回の事を本当に喜んで頂き、今度大使館内でショーをする約束と、サウジで5月に色々な方を集めたショーをする約束をしました。

勿論この話は王女様も一緒です。

その後中目に戻った私は「疲れた〜」ノ言葉が多くなりました。

よく...やった。

家に帰ると、新潟市内の佐藤さんという方からお手紙が。
この方とはお会いした事は無いのですが、大の陸上競技好きで昭和47年から53年まで、私の陸上人生を見て来られた方でした。

丁寧で、心のこもったお手紙には

「石塚さん(私の旧姓)ゴールでバタバタ倒れ込む選手の多い過酷な四百メートルが特に強かった(走り幅跳びが凄く強いのに目が届きませんでした)のが印象的。その上美人でおられたから競技大会の華であったように記憶しています(事の他声援が多かった)。」
中略

「今、和服を世界に----と発信する仕事に取り組んでいる事はもうこれ以上無い最高の人生を築き上げ活躍されていると思うからです。
100メートル、200メートルの短距離をやり、400メートルに幅を広げ、800メートル1500メートルで頂点まで持って行った石塚さんの競技歴を見ると、
天性のものの他、旺盛なチャレンジ精神、並でない努力家である事が十分うかがえます。
そしてアメリカに留学中に着物文化を守らなくてはならない事に気づかれた事には頭がさがります。
そしてさらに嬉しかったのは、故郷を離れて三十数年それでもお母さんが良くやってくれた「なますかぼちゃ」の味を今でも懐かしんでいて、お母さんにとってこれ以上の喜びは無いと思います。」

地方を活性したい理由は沢山ありますが、今までこうして人生を過ごして来た事がまだ繋がっていたのだと.......本当に嬉しく勇気を頂けました。

まだスタートして100メートルも進んでいない、私の今の1500メートル。

私のスタイルは常に力を抜かない事。

最後はきっと.........倒れ込むだろうな......

|

« 片山さつき氏の政経セミナー | トップページ | トマトの缶詰。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広尾ロータリーのメイクアップとサウジの王女。:

« 片山さつき氏の政経セミナー | トップページ | トマトの缶詰。 »