« 上田紬の味 | トップページ | スイスからの来客は単なる偶然でない。 »

2012年2月11日 (土)

地方活性化のなぞかけ。

私の頭の中にいる見えないブレーン達は絶えず整列しながら出番を待っている。
今日はお休み中のレナがロールパンを作ったというので娘のメラが私にと持って来てくれました。
私は透明な袋に入ったそのロールパンとお砂糖の掛かった美味しそうなデニッシュを見て、暫くじっとしてしまいました。
その姿を見たメラが、心配そうに私の顔をのぞきながら

0211_2

「Boss....どうかしましたか?」

「いいや.....あのね、このパンもう少し小さい方が売れるな〜と思ってね」

「え?」

「だって、私の場合このロールパンを袋から出すと、手でちぎるでしょ?お砂糖が手に付いちゃう連想するでしょ。」「小さければ、ダイエットしている人も一個で良いじゃない」


「え?」

「あ、ゴメンね。ほら、レナがTake out 専門のお店を出したらねその方が良いと思ってね.....」

0211

この話はここで終わらなかった。
私の頭の中の見えないブレーン達の中から、手を挙げた一人が、なぞ掛けのように「地方活性」の話を提案して来ました。

また、その話は凄く名案で、私も賛成する様な内容でした。

ブログには描く事はできませんが、このアイディアは画期的。
インフラ、地方自治体、システム全てを整えて、ファンドを集める事ができれば
「内需の拡大と自立、社会再生、就労、向上心」
更に健康の重要性を自然に楽しく認識出来て、楽しんで日本の県名を子どもも覚える事ができ、日本の色の和名も覚えながら旅行の目的も出来る.....
画期的なアイディアでした。

私はこのアイディアに名前とロゴをすぐに考え、大きなキーになるBoxのデザインをしました。

日本を愛し、憂う有識者と、日本で影響力を持つ私の知り合いにこのアイディアを発表するためのプレゼンを考えました。

何故、こんなに本気なのかと言うのはかんたんです。
私がいつもやっている事と何ら変わらない「着物」とコンセプトが同じだったからです。


「Boss!!!それって凄い。」
メラはいつものように涙ぐみ
私たちは今後起こるであろう創造の中で、
「ノーベル平和賞受賞式」にいる私を想像するのでした。


ちなみにこのアイディアは地球規模です。
明日を迎える楽しみに喜びを感じるのでした。


|

« 上田紬の味 | トップページ | スイスからの来客は単なる偶然でない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方活性化のなぞかけ。:

« 上田紬の味 | トップページ | スイスからの来客は単なる偶然でない。 »