« 運命に導かれてゆく先は何処でしょうか? | トップページ | 上田紬の味 »

2012年2月 9日 (木)

体は借り物と言う考え。

サウジから帰って来てから、突っ走りぱなし。

毎日毎日、私の頭の中のブレーン隊が整列して出番矢登場の順番を待っていると言うイメージ。

目に入るもの聞いたことに、敏感に反応して「次は私の出番です」
と言いながら登場して来るイメージ。

そんな毎日を繰り返しているので、私の体はキャパを超えていたらしい。

考えてみたら、あのテレビの前から明治記念館のショーやサウジ行きで、相当くたびれていました。

やりたい事とやれる時間の狭間でもがいていました。
Macintoshを目の前にして、どっと疲れていました。

そうだ。

二階のマッサージに行こう。

0209


マッサージの術士さんは私の体を触るや否や

「矢作さん。体が悲鳴を上げています。相当固くなってますよ。重傷です」
「先生.......私サウジに行く前からずっとずっと体を酷使していました」

「そうですよね。大丈夫今日はちょっとキツいでしょうが、ほぐしますよ」

ブレーンは少しお休みして頂いて、私の体を休めました。
そうだ、体は借り物って言うもんな〜

|

« 運命に導かれてゆく先は何処でしょうか? | トップページ | 上田紬の味 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体は借り物と言う考え。:

« 運命に導かれてゆく先は何処でしょうか? | トップページ | 上田紬の味 »