« 今日は世田谷中央ロータリークラブとの合同例会でした。 | トップページ | ラトビア大使館。そこであった偶然再び。驚きました。 »

2011年8月31日 (水)

Mac Fanの毎日コミュニケーションズに行って来ました。

私の着ているゆかたは、スバル360が描かれている珍しいものです。
反物が手に入ったので私のサイズで名古屋の辰田屋さんに作って頂きました。
帯も先日吉田兄弟のコンサートで締めたもの。
でも、こうしてゆかたに締めてもいい感じ。
それも「だけ衿」の効果です。

831_2


831_3

今日の11時にMac Fanの小平さんと約束。
名古屋の伊藤さんに一緒に行って頂く事になり、彼も東京駅からタクシーで直接向かう事にしました。

新橋のビルで着物に着替え、私は何を思ったのかゆりかもめで「竹芝」まで行きました。
「竹芝駅」で気付きました。
「竹橋駅」と言う事に。

すぐにタクシーを捕まえて今迄いた新橋を通って、皇居の方に向かってタクシーを急がせました。
毎日新聞社のあるそのビル目指し、伊藤さんに電話「ごめん!今着いたけど、どのビルか今聞いて行きます」
通りすがりの方に「すみません。毎日新聞のビルは? 毎日コミュニケーションズに行くのですが」
「ああ、このビルですよ。僕も毎日コミュニケーションズの社員ですので一緒に行きましょう。」

11時10分。
伊藤さんと一緒に毎日コミュニケーションズのMac Fanにたどり着きました。


831_4

担当の小平さんとは勿論初対面ですが、話をしているうちに私の大好きなMacをこうして雑誌に編集している方々なのでとても親近感が湧いて来ました。
初対面で、取材をして欲しいと言う我々。
彼らからすれば、Tradition JAPANの活動にメリットがあってもMac Fanにとっては、いまいちそのメリットを感じない....と言う感想があるはずですから、話はかんたんではありません。
むしろ、簡単に終わってしまうと良くありませんでした。

「USAの代表的な企業になったMacintosh...Appleコンピューター」
それを12年も前からユーザーとして使用している私にとってもMacintoshは憧れの「箱」この「箱」を使うだけでなく「日本人としての感覚」でそう付き合うか。
これはMacintoshだけでない、色々な分野にもある筈。一方的に与えられるのではなく日本のユーザーとして付き合う工夫。底には心地よいズレを表現する必要があり、銀座Appleの3階で行う対談はそういう意味では、心地よいズレイベントなんだと言う説明をしました。

楽しかった〜
ちなみに、伊藤さんもほしがったこの「スバル360のゆかた」小平さんも驚いて頂きました。

40年以上も前のゆかたの生地はこうして2011年8月31日に堂々と蘇るのでした。
私のやっている事ってこういう事なんだよね〜

今日も世界陸上だ!
私もリポーターになりたい。


|

« 今日は世田谷中央ロータリークラブとの合同例会でした。 | トップページ | ラトビア大使館。そこであった偶然再び。驚きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac Fanの毎日コミュニケーションズに行って来ました。:

« 今日は世田谷中央ロータリークラブとの合同例会でした。 | トップページ | ラトビア大使館。そこであった偶然再び。驚きました。 »