« 残念ながら.....ファッションショーが出来なくなりました。 | トップページ | ゆかたウェスタン祭り。 »

2011年6月25日 (土)

志。

色々あるのが私の人生。
きっと他の同世代の方々よりも多いと思う。
ただ、困難さは大した事は無いと思いますが「興味深さ」に関しては色々とある方だと思います。
これまでの色々の中には、殆どが比較的努力をすれば順風満帆なものでしたが、

子供の事で....や、努力してもなかなか数字の結果がでないと言うジレンマもここに来て加わりました。

「灯台下暗し」

英語でも「A lighthouse can't see it's self.」

自分の事になるとすっかり見えません。

私の足りなかった所にライトを当ててくれました。

足りない所を考えている今、貴重な経験をしている気がします。

頑張れみんな!私 特に。

625

ヤフオクで着物地を購入させて頂いた方が、新潟県の小千谷市の方でした。
取引欄のメールに、私の出身地が小千谷の近所だと書きました。
何度かやり取りしているうち、名古屋市から小千谷にお嫁来て以来、古希を迎えて小千谷の伝統を残したいと活動していらっしゃる方でした。

70歳とは思えない行動ぶりに、胸が熱くなりました。

そして、筆字のお手紙を添えられた冊子が届きました。

こうしたご縁はそうそうあるものではありませんが、名古屋の辰田屋さんもその内のお一人です。

皆さん、一生懸命に「日本や郷土の伝統文化」を残そうとご尽力されています。

私も、ここ東京のど真ん中にいる事で、そういう地方の皆様の志を応援しつつ、大きく世界に羽ばたこうとDo Justiceを興しました。

その表現に今でも間違いは無いと思っていますが、一反「ファッション」と言う巨大マーケットの概念の壁に切り込みを入れて行くのはなかなか大変でした。
しかし、間違いなく「日本人」としての「心」は、何よりも不変だと思っています。

地方の工芸を担っていらっしゃる方々も皆「巨大マーケットの概念」の中に「喘いでいる」のが現実。

昨年立ち上げたTradition JAPANは、時間をかけてでもこの「不変」を形にして、私が一生捧げる仕事です。
大学院で「民族」と言うキーワードが良く現れます。
世界の規模ですが、国ではなく、民族です。
宗教でもなく、民族です。

共に共通の歴史(祭等)を有し、共有の言語(方言)を話し、お互いにアイデンティティーを感じ合っています。

地方の伝統工芸や文化は何故残そうとするかは、世界で見ても同じです。

利権の都合で線引きした、植民地支配国に「民族」の「心」など関係無しです。

世の中が「数字」でその「価値」を決めています。
金額(数字)が富の指標であり、価値その物なら「文化」や「伝統」に何の価値もありません。

私が挑んでいる事はとても難しいのかもしれませんが、志を新たに、出会いの中で「一生を掛けて」と誓いました。


|

« 残念ながら.....ファッションショーが出来なくなりました。 | トップページ | ゆかたウェスタン祭り。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志。:

« 残念ながら.....ファッションショーが出来なくなりました。 | トップページ | ゆかたウェスタン祭り。 »