« 奇跡的な再会。 | トップページ | 今日は3名の方々と対談。 »

2011年2月22日 (火)

ようこそ!インドネシア大使夫人ビアンカさん/小暮さん/栗原さん

2220今日は恒例のBNI 早朝Meeting。
遅刻する夢を見てなかなか2:30分に目覚めてから眠れず、4:00に起きてしまいました。

6:17の半蔵門線で渋谷を目指し、今日も参加。60 秒と言う秒単位のスピーチに今日は、パソン画面一杯のストップウォッチが参上し、60秒過ぎには拍手が起るというシステムを頂きました。
なかなか秒単位と言う概念が無い生活にいる私たち。
しかし、陸上競技生活の長い私は0コンマの世界にいましたので馴染みはあります。

そんな中、今日の10スピーチの順番はFlower arrangementの小野さんでした。


222大学院の手続き補足の為、渋谷から国士舘大学に向かいました。吉田松陰の松陰神社前が最寄り駅。
足早に手続きを終えて、中目黒までタクシーで帰り、10時待ち合わせの滝沢さんと会いました。

222_2なんと言っても今日は少し緊張していました。それは、ビアンカさんがDo Justiceにお越しになるからでした。「外」のブルーのナンバーが付いた車で、お越しななった彼女と秘書。
無事に「きもの」をプレゼントして、色々な話をする事ができました。
無謀にも「Tradition JAPANの対談」の申し入れをしました。快く引き受けて下さったけれど「本当かな〜」秘書の方からメールを頂く事になっています。
彼女と私の会話は英語。

222_3お土産になんと、大使が総監修で彼女のプロデュースのインドネシアの服飾の立派な本を頂きました。大使のサインが燦然と輝いていました。私の大学院での研究におおいに役立ちそうです。


222_4その後の予定は、15:30。
先日のお客様の野口孝一さんが「カリスマシェフとして情熱大陸に出られた 小暮剛さんを連れてお越しになりました。
小暮さんと野口さんと私は44階の対談の場所で話し込み、気付くと次の約束の方の時間でした。

しかし、小暮さんのお話はとても共通した所もあり「対談」野打診にも快く受けて頂きました。
面白いお話が聞けそうです。

16:30前にお越し頂いていたのは、栗原さんと畠山さん。
お二人は、先日のアセアンセンターのファッションショーの時にボランティアでお越しになっていた方々でしたが、実は「法務省」の方々でした。

私の所にお越しになるのは、偶然にもおふたりとも中目黒が通勤途中なので。
「法務省」の方と言うご縁は全く想像もなく、始めっからインドネシア繋がりのご縁だったのが、肩書きを見てびっくりでした。

その名刺を拝見するまで「私は、肩書きで人を見ない。その方の経験が本当に見なくてはいけない所です」と声を大にしてお二人に話していました。

その後に出された肩書きに本当に驚いてしまった私です。


|

« 奇跡的な再会。 | トップページ | 今日は3名の方々と対談。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ!インドネシア大使夫人ビアンカさん/小暮さん/栗原さん:

« 奇跡的な再会。 | トップページ | 今日は3名の方々と対談。 »