« サウジアラビア大使館とモロッコ大使とのランチとエコールプロトコル。 | トップページ | 大学の同級生からの便り。 »

2011年2月11日 (金)

中目黒夫婦殺傷事件解決。エジプトのムバラク首相の辞任。

0211
いつもの様に通勤の車から見るエジプト大使館。
ムバラク首相の決断の辞任。

現地の報道番組に、民衆のカリスマでエジプト出身のGoogle 社員が出演していた際事、
「今回の呼びかけに集まった民衆の300名が死傷しましたが..........」と訊いた時、彼は突然号泣し、その場(スタジオ)を去りました。
悲しむ母親の姿.........死んでしまった子の親にしてみれば、命を落としてしまった息子の未来をもぎ取られた訳ですから、エジプトがどうなって行くかなど、もうどうでも良い話だと私は思いました。

その場を去ったGoogle社員もその志と現実の狭間で悩んだ結果の態度だったのではないか.......と思いました。
人としてと言う前提で考えるならば「礎」は何なのかが見えて来る様に思います。

やはり「地球人としての教育」が、ムバラクさんにも軍にも、そして民衆にも、地球で生きる我々にも必要なんだと痛感するのでした。


今日は雪です。
東京も雪です。
日本海側の新潟の我 故郷はとんでもない大雪で、80歳を裕に超えた両親もこの雪と格闘しています。その年で、屋根に登り、雪下ろしする 例外でない一人です。
父84歳。

息子に「ねえ、おじいちゃんとおばあちゃん屋根に乗って雪かきしてるんだよ。あんた、大学受験の件が落ち着いたら、新潟に行って雪かきのバイトしなさい。バイト代はお母さんフンパツして払うよ」
と、まじめに言います。

いつか、新潟の母との電話で「うちの子を雪かきに行かせようか?」と言った時
「駄目だね、慣れてないと。指導しないと出来ないよ。経験ない人には出来ない」
と82歳になる母に諭されました。
--------でももうそういっている余裕も無いでしょう。
東京の雪騒ぎよりも、深刻な日本海側はまた大雪と言う事ですから。

そんな東京のここ中目黒で起きた「夫婦殺傷事件」の結末。
『中目黒はお金持ちが住んでいそうだったので、決めた。その中で金持ちそうな家を狙った』
という理由でのあきれた男の犯行だった。

借金が数百万円あったそうです。

エジプト国を良くしたいとデモに参加して落とした「命達」
借金を他人から盗んでと言う理由で殺された「命」
それらは本当に尊く、地球人として同じ重さです。
そして「人間」に奪われた「命」です。

0211_2
通勤で六本木も通ります。
六本木界隈は大使館が多く、日本との国交間の問題に納得いかない問題が起きると敏感に反応する団体の車を入れまいと、無数の機動隊が出動して道路を封鎖します。
特に最近は北方領土にロシアのメドベージェフ大統領が行く事も多く、その度に警備も厳重になります。
「日本人として」そこをどうするか「過去の調印」を含めた歴史を毅然とした前原さんの言動に期待するのですが、今回の訪ロでも筋が見えませんでした。それを敏感に受けた団体からロシア大使館を守る為の機動隊の光景は頻繁です。

過去の歴史にある犠牲は浮かばれません。前原さんの賢い会談、筋を通して下さい。

エジプトも民主化運動の犠牲になった人々の為にも「無駄」にならない方向を期待します。

さて、サウジアラビアに再度行く計画は「エジプト経由」だった私。
この一件で、行く事ができるのか分かりませんが、今月の予定は来月にした方が良さそう----ですね。

|

« サウジアラビア大使館とモロッコ大使とのランチとエコールプロトコル。 | トップページ | 大学の同級生からの便り。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中目黒夫婦殺傷事件解決。エジプトのムバラク首相の辞任。:

« サウジアラビア大使館とモロッコ大使とのランチとエコールプロトコル。 | トップページ | 大学の同級生からの便り。 »