« コマーシャルOA | トップページ | 今日はインドネシアのマテリアルで作られた服を着る。 »

2010年12月10日 (金)

W100の記事

1210
色んな事の連続の人生を一つまとめあげる様な機会を頂けた気がします。
私の場合、W100には数字で表す成功者と言う視点よりも、女性としてどうやって世界を目指せる視野を持てたのかという視点の方があっています。

この本を読んだ女性達が賛同してくれるかどうかは分からないけど、私にとって自分の過去を振り返り、更に上を目指す良いきっかけを作ってくれました。

1210_2

今の自分が自分の人生の終着点から、何処のポイントにいるのかは分かりませんが、一つの目標が見えた以上道は見えた以上、太く、柔らかく、かつ早いペースで私らしく突っ走る----それも見せてくれた様に思えます。

今朝、息子と話をしていて、彼の話を上の空で聞きながら「彼の現在地点は、彼の人生の何のパーツを作っているんだろう。どのへんにいるんだろう。無駄無くしっかり未来の彼の礎を見つけて欲しい」と考えていました。

どこの親も一緒なんだろうなあ。
でも....決して焦らないこと。
だって『私はこの年になってから、信じた道を見つけた』のだから。
そう自分にいい聞かす私でした。

|

« コマーシャルOA | トップページ | 今日はインドネシアのマテリアルで作られた服を着る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W100の記事:

« コマーシャルOA | トップページ | 今日はインドネシアのマテリアルで作られた服を着る。 »