« 高橋新会長さんとの顔合わせでマークシティーに | トップページ | 新潟の養蚕もご多分に漏れず.... »

2010年6月20日 (日)

弱肉強食----新潟の実家日帰り

0620Tradition JAPANの対談も10名を超えました。
毎回、対談のお相手と何を話そうかと楽しみで仕方有りません。今度の対談のお相手は「松下幸之助」の松下電機に昔お勤めしていた方。私の実家(新潟)は父が昭和21年から電気屋をしており、松下幸之助さんには大変にお世話になりました。
0620_2そんな今年、すっかり年老いた両親は一大決心で、店を閉じる事にしました。
「大型店が入ったら、電気屋は駄目になる」と30年前から行っていた通りに、街の電気屋は弱肉強食の運命にさらされました。
一昨夜、私の頭に『実家の松下幸之助の書.....』が浮かびました。
私が物心ついた頃からいつもいつも実家のリビングにデン!と掛けられていた「松下幸之助の書」これに父も母も助けられてきました。
私は一大決心をして、すっかり年老いてしまった両親に額を外す事が困難と考え、新潟日帰りを決行しました。
Matusitakouno
越後湯沢まで1時間半。そこからレンタカーをかりで、約70分の快適ドライブ。
生まれ故郷は、自然豊かに迎えてくれました。

0620_3Photo60年前の実家と夢にあふれていた父。


|

« 高橋新会長さんとの顔合わせでマークシティーに | トップページ | 新潟の養蚕もご多分に漏れず.... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弱肉強食----新潟の実家日帰り:

« 高橋新会長さんとの顔合わせでマークシティーに | トップページ | 新潟の養蚕もご多分に漏れず.... »