« 怒り! | トップページ | 今日は花嫁ポストカード制作開始の日 »

2009年7月31日 (金)

本を書くと言う事

0731
昨日の続きみたいで申し訳ありませんが、色々と考えながら運転していたら、書き留めなくてはという思いにかられました。

インターネットの普及に伴って「書籍離れ」が言われて来ました。先日お会いした講談社の蓬田さんも言っておられました。出版の業績は右肩下がり。発行部数もバブル時代の半分だそうです。今は携帯サイトでも小説が読めます。電子化の一途です。今回のいわゆる「銀座眼科の感染症」にしても「品川クリニックの詐欺的商法や患者さんの被害」にしても、加速的な電子化が巻き起こした結果ではないかと思います。
インターネットの利便さや、向学心の幇助の要素は否定しませんが、「簡単に消せる」という「あやうさ」も裏腹に潜んでいます。先日話した「アフィリエイト(品クリ支援サイト)で被害を被った時」も、支援サイトを作った大学院生が「ごめんなさいわざとでなく、間違いでした」と親も一緒になって「消したからいいでしょ」的な態度だったようです。

かつて、歌舞伎町の風紀が良くなかった頃、沢山のいかがわしい店の看板が、架かっては外し....で警察や税務署から逃れていた実態がありました。
顔の無いアフィリエイトサイトから「人物を特定出来て詰め寄っても」間違いでした「消します」そんな態度.......いずれか来ますよ「顔の無い、無責任な世界の増幅」が。

先日私が被った「痴漢」も触った後、何喰わぬ顔で立ち去ったあいつ。もしも取っ捕まえても「私してないよ!誰が見てた?」と顔なしのように言う筈です!痴漢と同じ穴の狢ですよ。悪意のあるアフィリエイトサイトも!
07253
07313
07312
それに引き換え、簡単に消せない「責任ある」世界が出版です。
顔も名前も所在のはっきりしている所で「自分の意見」や「経験」「技術」を公にする【責任】ある世界です。

私は[RKからイントラレーシックまでの屈折矯正手術]の書籍を17年間携わって来ました。
変遷や、マスコミの無責任な報道も見て来ました。
「眼科学会が推奨した日本製レーザーマシーンは多額を眼科医から集めました。今後、この手術を誰に教えてもらえるのか?」と高い金額で購入した眼科専門医が話す実態も見て来ました。(残念ながらこのレーザーはすぐに使えなくなりましたが)

医師だけでなく、患者さんにも自分でしっかりと学習勉強する「責任」があります。
例えばあなたが医師から「癌」です。と宣告されたら、いろんな本や学術専門書やインターネット以外でも情報をしらみつぶしに読みあさるでしょう?人や担当医だけに任せる訳に行かないと行動する筈ですよね?ーーーーーそうなんですよ。それと同じです。
レーシックは魔法の手術でなく「高い性能のレーザー/機械」を使って「医師/人間」が行う手術です。ですから、しっかりと「残る情報」を読まなくてはいけませんよ。書籍ならいつでも何処でも電源なしで開けば読めるし、残ります。

医療の世界は日進月歩、世界は進んでいます。『どんな優秀な機械を使っているのか』、『どうして「何項目もの検査」が必要なのか』、『イントラレーシックはレーシックとはどう違うのか』『フラップって何なのか』『老眼のメカニズムはどうして起こるのか』等、マスコミだけの言葉を鵜呑みにせず、『金額や便利だけで』判断しないで。自身で勉強すべきです。自分の目を守るそれが「あなたの責任」です。

大量生産に「疑問」を感じ、私は「御誂え」と言う本を出版しました。
「きものウェスタンシャツ」に異論を唱える「伝統」守る人々も、きっと理解して頂けると思い、5ヶ月以上掛け、作り上げました。

錦糸眼科の書籍も、徹夜の時もありました。しっかりと患者さんに「正しい目の知識を伝えるべく」院長の厳しい声の中作り上げた書籍も18年で30冊以上になります。
手術室もガラス張りで、どの患者さんからも、公明正大に見えています。
これは長年の実績です。

私の中目黒の店も、ガラス越しに作業風景を見せてます。
 誰の手で作られたものなのか分からない大量に作られるファッション。それをマスコミが流行と言うビジネスモデルであおり、流行が終われば捨てるーーーーーーーーフェアトレード関係なく金儲けに忙しい強欲な経営者達。

「レーシックが危ない」のではなく、マスコミの含めて、勉強して「責任ある」情報を顔出し、何が問題なのかをガラス張りで伝えて下さい。『レーシック』が問題なら、何のために世界の学会があるのでしょうか?世界の学会の状況を取材したのですか?報道する方々は!

怒りも治まり...........
さて、次の写真は今回取材された印刷物数点です。
英語のものはJ select 8月25日発売のもの。取材ながら、編集の方が送って下さいました。
新聞は母校の国士館大学のもの。
有り難うございました。一生残せます。いつでも読めます。
誰にも消されずにね。

|

« 怒り! | トップページ | 今日は花嫁ポストカード制作開始の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、今TVで「魔女」としてみてびっくりしました。
53歳とは思えない美しさに衝撃を受けました。

努力すれば女として輝けると思いました。
私は今26歳で年々太ってきて、シミまでできてきました。

もう「歳だ、仕方ない」と思って諦めていました。
でも目が覚めました。

私、もう一度やってみます。頑張って「女」として生きます!!

トレーニング方法よかったら教えてください。

投稿: みゆ | 2009年8月11日 (火) 22時15分

ゆみさん コメントありがとう!
いつも朝起きて、何かわくわく今日も一日燃えるぞ〜!
って、思うんです。小さい事でも、今日一日で何かに自分を挑戦させましょう!トレーニングは何でもいいんですよ。60秒間お腹をへこめるを10セットするとか、ウェストを100回まわすとか.....。自分を兎に角動かしましょう。興味を持ちましょう。私は46歳から英語を本格的に学びました。新しい感覚これもトレーニングです。自分の将来はまだまだ可能性に満ちあふれてますよ。戦争の無い世界に生きている喜びを自分で表現すれば次第に自分が高まって行きますからね。共に同じ日本で生きる事を楽しみましょうね。GOGOGOGOGO

投稿: CHICO | 2009年8月12日 (水) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を書くと言う事:

« 怒り! | トップページ | 今日は花嫁ポストカード制作開始の日 »