« 新年の大掃除 | トップページ | 仕事始め »

2009年1月 4日 (日)

手作りが織りなす味

近くのマーケットモールに四女と一緒にお買い物。私は新年会があるので、夕食の支度をしてから出かけるという計画の為だ。色々買い物した後に、通り過ぎようとしたパン屋さんの前でつい、誘われるように足が止まってしまった。「同じアンパンマンなのに、全然違う顔」型に入れて焼いた「同じ顔」では無い。人それぞれが好みの顔があるから、売れ残ることは無いのだろうな...........思いをきものウェスタンとダブらせてみた。同じけど、手作りの味。いびつになってしまったのか、いびつが好きな方もいらっしゃると信じていびつを作るのか........そこも問題だ。「はたして、心を込めてアンパンマンを作ったのか」これが肝心。私はきものウェスタン一枚一枚に心を込めて作っている。だからいびつは無いが、一つ一つに味がある。.........等と考えたあげく、四女と相談の結果、一番ハンサムなアンパンマンと、一番不細工なアンパンマンを合計二つトレイに入れた。
 愛情は味を決めるという。
夕食の支度と、アンパンマンがおいしい事を願いテーブルに置いた。
新年会から帰ってきたテーブルには、不細工もハンサムもいなかった。
Photo_2I went shopping with my fourth daughter today. There is a traditional annual festival in the evening and I was planning to go after dinner. We picked up a few things and then stopped by a bakery we were passing on the way home. We were caught by the sight of an interesting looking Anpan-Man!! Each one had a different, funny facial expression! I really like the individual characters. They were designed from one model and baked. It is very much like my design idea. I make a model and they are all unique-they will sell quickly. Anything that is made such as, a slice of bread or a shirt, has a feeling of craftsmanship or quality. What matters is when a builder builds something, they build it soundly, even if the buyer doesn't know if it was built well.
I use this concept when I put heart and pride into each and every individual piece. Therefore, because we create with love, there is no lack of care or skill in our products.
My daughter and I chose one handsome-looking
Anpan-Man and one plain-looking Anpan-Man on our trays after all. It is said that, "Love decides taste"! When I got home, I put the Anpan-Mans on the table for dinner. After I came from the festival, Handsome and Plainface were gone.

|

« 新年の大掃除 | トップページ | 仕事始め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作りが織りなす味:

« 新年の大掃除 | トップページ | 仕事始め »